<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

念願の

a0122144_1822396.jpg

長女、刈り上げました。

しばらく前からやりたがっていたスタイルに大満足です。

最初、長女のイメージしていたスタイルはジャンボ尾崎の頭頂部がロン毛になったイメージでしたが、美容師さんと相談しながらこのヘアースタイルにおさまりました。

実に嬉しそう~♪

よかったです。

by 36kakatootosi | 2013-03-31 18:22 | 子供

本職の技☆

先日、ピッツァ職人の友人が生地と具材を持参して我が家に遊びに来てくれました。


a0122144_1755557.jpg


子供たちもワクワクです。

a0122144_1764176.jpg


ひと玉が、丁度肉まん状の大きさのピザ生地をヘリを作りながら少しずつ伸ばしていきます。

その作業だけで分かる熟成されたピザ生地の伸びのよさ。

私が今まで作ってきたインスタントのピザパンとはまるで別物。

さらにそれを彼女が扱うと、両手を数回行き交うだけで手を覆う程に広がり、それを宙でひと回しさせるだけでフワッと一気に大皿くらいに広がるのです。
まるでマジック☆

我が子も彼女のお子さまたちもママの手の技に感嘆の声を上げていました。

子供たちは

a0122144_1717675.jpg


a0122144_17174514.jpg


それぞれ好きな具材をトッピング。

a0122144_17183185.jpg


男の子の作った「サラミ祭り」

肉食男子ですな(笑)

a0122144_17192482.jpg


a0122144_17194365.jpg


私も彼女に習ってやってみましたが、生地を落とすことが怖くて、また穴を開けてしまうことを恐れて打ち粉だらけの白いピッツァになってしまいました。

300度に熱したオーブンで3分30秒の焼成。

どのピッツァも美味しかったけど、意外にサラミ祭りがジューシーで人気でした。

友人に感謝です。

近いうちに、熟成させて作るピザの生地を、作ってみたいなぁ~。

楽しかったです☆

by 36kakatootosi | 2013-03-29 17:29 | パン

作りやすくなりました。

春です。

もう靴下を二重に履かなくてもネックウォーマーをしなくても(笑)暖かい春がやってきました。

春はとてもパンが作りやすい季節です。

しかし、バターを扱うクロワッサンはバターが溶け出ることを嫌うのでそろそろ終わりにしようかと。。。

a0122144_9413880.jpg


これからは自家製天然酵母で・・・と、思案中。

シュワシュワと沸き立つ気泡に美味しく焼けるパンを夢見て、酵母を起す。


a0122144_9445458.jpg


おかげさまで毎週買いに来てくださるお客様もいらっしゃって大変嬉しく思っております。

metsa店主をはじめ私のパンを応援してくださる方の為に、これからも頑張って作っていきたいです。

by 36kakatootosi | 2013-03-25 09:59 | パン

前触れ

a0122144_114858.jpg

a0122144_11491790.jpg

a0122144_11495566.jpg


近寄らなければケンカしないですむのに。

二人で仲良く遊んでいるときはいいけど、だいたいこのパターンはケンカが始まってしまう前触れ。

そろそろ春休みかぁ~。

ママ大変だぁ~003.gif

by 36kakatootosi | 2013-03-20 11:47 | 子供

久々の寛ぎ

立て続けに心身が疲労するような出来事が続いてちょっぴりダウンしそうだった我が家に

a0122144_2147487.jpg


届きました。「春の訪れ。。。イカナゴ」です。

毎年この時期に友人が作って送ってくれます。それがとても楽しみで『春』→『イカナゴ』というリンクが私の中に確立しつつあります。

そして友人のお子たちが書いてくれた手紙には

「おっかさんへ またパン焼いて送ってね。」とありました。

a0122144_2151952.jpg


おっかさん、すぐに焼きました。

a0122144_21515815.jpg


*角食パン*バゲット*デニッシュ*クロワッサン*ビスコッティー

冷凍便で神戸へ。

そして、私がパンを焼いている間に長女もお弁当を作っていました。

天気が良いのでお千手山公園に行くことにしました。

a0122144_21552412.jpg


ウインナーと厚焼き玉子と冷凍グラタンにちびオニギリ。

妹の分と自分の分だけですが、とっても立派なお弁当が出来上がっていました。

私は余ったバゲットにサラダを挟み込んで。

a0122144_21572362.jpg


久々のお千手山公園。

長女が小さいころにはよく遊びに連れてきました。

a0122144_2293775.jpg


そんな長女も4月からはもう4年生。それでもこの小さな観覧車をとても喜ぶのです。

a0122144_21591178.jpg


次女と二人で大はしゃぎ。

思えば次女も大きくなったー。長女との会話も成立するし、おしゃべりも上手になってきたし。

暖かい思いで溢れるこの公園では、私もつかの間の優しいお母さんになれるような気がします。

家に帰ると怒ってばかりですが、、、。

でも今日も二人が元気で、もご飯を美味しく食べて笑顔いっぱいで過ごしてくれたので、何よりの満足です。

by 36kakatootosi | 2013-03-17 22:10 | 日々のこと

これから

こちらは耳つぼサロンで頂いた『プランツケーキ』

美味しくてパチリ☆

a0122144_22164690.jpg


この日は耳つぼ2度目の施術をしていただきました。
花粉症なので鼻のツボも。

これが効いていて鼻水が止まっています。

そんな私を見ていた長女が「いいなぁ~、私もやってみたい!」と言い出しました。

それから、「あ、そうだ。一個しか穴がないんだ。。。そうだ、ママ、あのね、、、」と話しだしました。


「この前、耳のこと〇〇ちゃんに言われたよ。私が聞いていないと思ったみたいで、『怖っ』って言ってるのがきこえたから『やっぱ、怖いよね』って逆に言ったら『うん』って」

結構、衝撃でした。

最近だいぶ打ち解けて仲良くなってきたお友達のことだっただけに、本人もショックだったようで恐る恐る私にあった出来事を確認するように話してきました。

私 「そっかぁ、そんなことがあったんだね。それでアンタはどうしたの?」

長女 「ん?触ってみるか?って聞いたら、触って『キモっ!』って言ってたよ。でもずっと触ってた。」

私 「あ、そうなんだ。どうなの?髪の毛で隠すとか、そう思うことはないの?」

長女 「あぁ、それなら、ずっとしたかった髪型があるんだよね。ツーブロックにして両わきを刈り上げてみたいんだ~♪カッコいいでしょ?」

私 「それだと逆に耳が丸見えなんだけど、知ってんの?」

長女 「あぁ、それなら大丈夫。この前聞いてきた別の友達にも『図工の時間にボンド使ってたら耳くっついちゃった』って言ったから。」

私 「それで、その友達は?」

長女 「すっげー!って(笑)」


長女は笑っていました。

本来なら10歳になるこの年に行う予定だった手術。

本人の頑なな拒否のために見送りました。

こんな会話がなされるたびに、私が間違えていたのかな。作ってあげるのことが本当は正解だったのか?など、自問自答を繰り返してしまいます。

子供たちの言葉は時にとても残酷です。

長女が生まれたころから知る人たちは「手術してやりな」と言ってきます。

だいたい、私の母親世代の人たちばかり。


でも、長女の意志を尊重せずに押さえつけてでも。。。と考えるだけでゾッとします。。

彼女はすでに自分の意志をしっかりともち、決めたがる。

どんなに私が注意しても自分のやりたい事のためには暴れたり嘘ついたりしてでも突き通そうとする。

若いころの私によく似ていて、だからこそ押さえつけてでも手術っていう決断に踏み切れないのです。

「ね、ママ。私ね、聞こえるようになるんだったら、きっと便利だと思うから手術したいと思うよ。でも痛い思いしても聞こえないんだったら、やっぱり絶対に手術しない。柔道出来なくなっちゃうしね」

明るいのは、演技なのかな?そう思ってしまう、私の心が病んでいるのかな?


スッキリしない気持ちでいたのですが、唯一このことついて本音で話せる姉的な尊敬する人が身近にいるので聞いてもらいました。

「正解なんて、全部だよ。悩んできたことが全部正解なんだから、その時、その時に、対処すればいいんだよ。20歳になって手術した人だっているんだし」と、とても強いまなざしでハッキリと答えてくれた言葉にウルッときました。

そっか、悩んできたことが正解って初めて聞くけど頑張ろうって思えてきます。

長女は直に色々と直面していく、私がオロオロしていては駄目なんだってはっきりわかりました。

もう、これからは堂々としています。

揺るがない、絶対。

そして、長女は私が守りぬきたいです。

by 36kakatootosi | 2013-03-15 23:15 | 耳のこと

後悔

a0122144_12275583.jpg


あーいいなぁ~。。。気球に乗って

a0122144_12284136.jpg


どこか遠くに行きたい気分。。。

今まで生きてきた人生の中で一度も後悔したことがありませんでした。

しかし、先週の木曜日から始まったことで私は人生初の後悔を経験します。

「こんな土地に住むんじゃなかった」と。

9年前に何にも下調べなしで購入した中古住宅。

ご近所のこと、その他それに付随してくる自治会など、そんなこと全く頭に無くて、ただ田舎なら子供を伸び伸びと育てられる!畑もついているし野菜なんか作っちゃって楽しい半農生活♪なんて希望ばかりを胸に今の土地に住み始めました。

ところが住んでみて色々とややこしいことばかりで、それでも気にも留めずに今まで過ごしてきたのですが、順巡りということで、本年度の地区の支部長をやらなければならなくなりました。

夫も私も土地勘もないし、9年住んでいても日中にご近所を探索したことなどなく色々な事がよくわからないままやることになりました。

今年は地元神社の大きな大祭があるということとその当番にもなっているみたいで、とにかく頭の中が真っ白です。

それは夫が頑張ればいいかな、私もサポート出来ることはやらなきゃって思っていました。

ところが、先週の木曜の朝。
突然、家に知らない人がやってきて「今度、婦人防火クラブの会長さんですよね、私は今まで会長をやってきた者です。支部長の奥様が会長をやるんですよ」と言われました。
何のことか分からないまま「会計と監査をお宅の班から決めてこの書類に名前を書いたら私の家に届けてください。10日までです。」と言われました。

突然すぎて頭が真っ白です。

今日は7日。三日で決める?だいたい決めるって何?会長って何?といきなりすぎてまるで交通事故にあったみたいな衝撃でした。

その日、何がおきたのか考えました。まず、自分の置かれている状況を紙に書き出すことで冷静を保ち、会長なんて引き受ける、、、そんな余裕が全くないことを確認しました。

もし、この役がもっと早くに分かっていたのなら幼稚園の執行部の会計も小学校の役員も全て断ることもできたでしょう。

それが、突然「会長ですから、順番ですから。もし出来ないのであればお宅の班内から会長、会計、監査を探してきてください。」って、知らない人から突然仕事を命じられる、こんな暴力みたいなことないなぁって考えていました。

まず断りに行こうと、土曜の日中にその方のお宅へ行きました。留守でした。
その日は2回の訪問。

次の日も2回の訪問中、ずっと留守でした。

会えないのなら話も出来ないし、書類が作れない理由も聞いてもらえないし仕方ないと思っていました。

月曜日にやっとお会いできて「会長をお引き受けできません。もし名ばかりでも引き受けたとしたら、全部迷惑をかけてしまうので、無理です。」と伝えました。

「え?困ります。私も子供いたってやってきたんですよ」と言われましたが、置かれている状況がそれぞれにまるで違うことを説明するのもバカバカしくなり、「私にはできない」とキッパリ言い切ってきました。

そして「この書類が完成しないことで困るのであれば私がそこに隣席し、出来ない理由を述べますよ」と言ってみたのですが「これ、明後日には出すんですよ。困りました。」と言われ「じゃぁ、この書類を提出する先の方の電話番号をおしえてください」と聞き出してきました。

自宅に戻り、すぐに電話をかけたところ名前が教わった名前と違っていたので相手も困惑していましたが私の「出来ない」という一点張りに段々相手も怒ってきているのが分かり、辛くなりました。

まず、子供を預ける先がないことや、夫の仕事が不定休で約束事が出来ない等々。。。一応色んな出来ない条件を伝えました。

すると「私なんて仕事をフルでやりながら4年もやってんのよ!」と言われたので「だいたいこの体制がまずいんじゃないんですか??」とうっかり聞き返したら「そう、じゃぁ自治会長さんにそうだんしてみて」とやっと次へのステップが見つかりました。

しかし昨日は一日中出かけていて何も出来ずに。

そして今朝。。。

とうとう前会長さんから電話があり、相手がキレているのがすごく分かりました。

「書類が提出できない。早く用意してください。何時にできますか?・・・・・じゃぁ何時に自治会長に相談にいくのすか?」と立て続けに捲し立てられ、とうとう「子供を幼稚園に送る時間なので、すみません!」と切ろうとしたら「私だって今から子供送っていくのよ。」と切り返されました。

相手は次会長が私になることをずっと分かっていたけれど、私は全く知らなかった。

ただそれだけのこと。

こんな見ず知らずの木曜日に初めて顔を見た人と、なんで喧嘩なんかしなけりゃならないんだろう。。。もっと違った形で出会えていれば普通に挨拶もできたのだろうけど。

悲しくなりました。

悲しくて悲しくて、もうこんな所に居たくない!って体の芯から心の奥から本気で思いました。

面倒くさいことのない、子育て世代に寛容な良い地は無いものか。

今怒りの頂点です。

しかし、長女が今の小学校が大好きなのでゆっくりと先のことは考えていきたいです。

by 36kakatootosi | 2013-03-13 13:37 | 日々のこと

作るきっかけ

a0122144_15464016.jpg


自分でパンを焼くようになって6年ですが、そもそも時間をかけて発酵させることなど気の短い私がやるようになるなんて思ってもいませんでした。

まだ長女が3歳のころ、よく山の中のパン屋さんまでパンを買いに行っていました。
「ぱんとまいむ」という天然酵母パンのお店です。

そこのパンが美味しくて大好きでした。

しかし買いに行くには少々遠いので、もっと近くにあったらいいのになぁと思っていました。

そして、ピザも大好きな私の家族ですが、実は私の住んでいる田舎はなんと配達圏外。

そう、自宅でピザやパンが焼けたらどんなに家族が喜ぶだろう。。。そして通い始めたパン教室。

月に一度のレッスンですが、焼き立てパンの香りや発酵途中の膨らんでいく柔らかさに癒され約2年くらい習いに行っていました。

おかげさまでパンもピザも焼けるようになりましたが、先日ピザ職人の友人から頂いたピッツァの美味しかったこと!衝撃でした。

a0122144_16545331.jpg


a0122144_1655148.jpg


「こういうのが食べたかったんだよね。ママのはピザパンなんだよ。」とキッパリ言われ「ママだってこんなピッツァを焼いてみたいんだよ」と思わず正直に言ってしまいました。

さすが、友人の作ったものはピザの台が均一に薄く伸びていて耳までサクサクでみんな残さずに食べられました。あっという間に。

普段は本当にカワイイ女性で、こんな凄腕職人の一面もチラつかせたりしないのでギャップにも驚きました。

これから私も色んな技術を勉強して、もっと美味しいパンやピザ(ピッツァと呼べるにはまだ早いから)が焼けるようになったらいいなと思っています。

by 36kakatootosi | 2013-03-04 17:12 | パン

酵素ジュース

a0122144_1921159.jpg


まるで、おままごとみたいなこのお鍋ちゃんの中には

a0122144_19223098.jpg


発酵途中の酵素ジュースの素(酵素シロップ)が入っています。

近所に耳つぼジュエリー&ベビーマッサージのサロン『woodsorrel』があるのですが、そこの方から作り方を教わり早速仕込んで4日が経過した所です。

初めて酵素ジュースを飲ませて頂いた時には、その優しい甘さとフルーツの香りに気持ちがリラックス。「美味しい」と思いました。
これなら我が子達も喜びそうだと思い、新鮮な国産レモンとリンゴが手に入ったので仕込みました。

毎日かき混ぜる作業があるので、鍋で。

早く飲みたいな。。。

『woodsorrel』は『Cafemetsa』と同じ「くら~ねの里」にあります。

カフェでランチして、耳つぼのコースも楽しいですよ。

a0122144_19412170.jpg


写真のスコーンはmetsaの「サクラのスコーン」です。

いつも売り切れで、今日やっと買えました!

いつも本当に美味しいです001.gif

by 36kakatootosi | 2013-03-02 19:20 | 手作り

フジコ・ヘミング

昨夜、万智と二人のデート。

『フジコ・ヘミング&ヴァスコ・ヴァッシレフ』のコンサートに行ってきました。

a0122144_15513279.jpg


何を隠そう、私が「フジコ好き」なんです。

顔にも育ちにも全く似合わないのは重々承知ですが、この方にしか紡げない音がありその魅力に引き込まれて5年。

彼女が舞台に現れたとき、その手の大きさにまずは驚き、演奏が始まるとその神々しさに空気が一変し、なんだか分からないけどタマシイを洗われている…そんな感覚に陥りました。

カンパネラも感動したけど、「展覧会の絵」は素晴らしかったです。

数ヶ月間の長い間デンマーク等、寒い国で過ごされていたようで「風邪をひいて耳の調子が悪いです。補聴器を時々いじるけど変に思わないでね」とのコメント。
時々演奏中に鼻を拭いていられたりして、ライブ感タップリでした。

もう80歳も越えていらっしゃるのかな。そんなことはピアノの前に座っているときには全く感じさせない、本当に素晴らしいものでした。

私がこんなことを言うのはとても烏滸がましいけど、彼女のピアノには光を感じ、まだ行ったこともない国の空気や匂いまで感じられる、そんな気がするのです。

何よりも愛を感じる演奏に、久々に心洗われて帰ってきました。

若い頃に風邪により聴力をほぼ失っていることすら全く忘れてしまうほどの演奏。ただただ、ひたすら感動でした。

大好きなフジコ様を拝めて良かったです。

by 36kakatootosi | 2013-03-02 15:43 | おでかけ